<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ルージュコフレ

e0002769_13594624.jpg

資生堂『ルージュ アトリエソルフェ』という名で、90年代だったかな?に限定品で発売されてました。
e0002769_1415982.jpg

中はグロスを含めたルージュのセットで、自分の好みでまぜられる様にミキシングスペースが付いてます。当時あまり中身には興味なくて;宝石箱のような入れ物のデザインがとても気に入って購入しちゃいました。
またこんなコフレを作ってくれないかな~と密かに願ってたんですが、コレって携帯には不便かな;。
[PR]
by m-tsuki-056 | 2005-11-30 14:06 | 90年代懐かし物

e0002769_16341979.jpg

これも勝手に70年代?と思ってる(あいまいだ)おついのカップ。
絵柄とデザインが可愛くて気に入ってるけど使いづらそうだ。

元々は飾るために作られたのかな。ほのぼのしてていいです♪
[PR]
by m-tsuki-056 | 2005-11-25 16:37 | 70年代懐かし物

e0002769_15522379.jpg

多分絵柄から見て70年代くらいのかな?と思ってるマグカップ。
厚手で丸みがあって好きな形だけど重いっ!
e0002769_15534437.jpg

左はルネパンダを真似したのかな?70年代のパンダのキャラクターって可愛くて大好きです。カンカン・ランランブームの頃は町に一杯パンダグッズが溢れてたんだろうな~。(当時3~4才で記憶無し)
カップにパンダが付いてるってことは子供用だったのかな。当時のマグカップはこんな形が主流だったのでしょうか?
[PR]
by m-tsuki-056 | 2005-11-24 15:57 | 70年代懐かし物

Oliveの本 ~その2

オリーブ本の続きで

e0002769_19273230.jpg

藤坂のりこさんの『わたしだけのお人形』という人形の作り方の本です。どの作品も表情豊かでとてもカワイイ!
毎回掲載されるのが楽しみで(5年間続いてたことにちょっと驚いてしまった)特にお気に入りのページを少し切り抜きしてありました。
けど、気に入ってた割には作ったのは一体だけだったかな;。イラストは仲世朝子さんが描いています。(1985~1989年オリーブに掲載)
藤坂さんは、現在アクセサリーメーカーのディレクターをなさってると「レタァ」に書いてありました。

e0002769_1930245.jpg
e0002769_193165.jpg

堀井和子さんの『日曜日のおひるごはん』。シンプル・ナチュラルなのにおしゃれで、盛り付けがアートの様でそんな食卓にとても憧れていました。ナチュラルな生活っていいなぁと思ったな~。(今はそんなに興味無くなっちゃったんですが・・というか程遠い生活・・)
この本も憧れたのに実は一食も作ったこと無いという・・、本を手に入れて眺めて満足してしまうみたいで、ずっと棚に積んだままでした。今度ちゃんと作ってみよう^^;。(1989~1992年オリーブの「Eating」のページに掲載されてました)
[PR]
by m-tsuki-056 | 2005-11-23 19:39 | 本・雑誌

Oliveの本 ~その1

先日注文してた雑誌『レタァ』が届きました♪
ふんわりとした優しい写真にオリーブを思い出し、ああ懐かしい感じだ~とページをめくっていったら『マチルド・イン・ザ・ギャレット』のオーナー酒井しょうこさんのインタビューときて感激です!沼田元気さんと杉浦さやかさんのコメントもあって嬉しかった。
オリーブの年表や思い出話も一杯で、まだ目を通しただけなのでこれからゆっくりと読みたいと思います。楽しそうだ~。
オリーブは80年代半ばから大分長いこと愛読してました。写真と情報がぎっしりで、それが月2回発行されるのだから今考えると何て贅沢だったんだろう。ぺらぺら~っとした薄い紙質も好きでした。
あ~、処分してしまって残ってるのは少々の切り抜きのみ・・、何冊か取っておけばよかったと後悔です。

雑誌は無いけれど、面影を残す当時の掲載をまとめた本が残ってました。
e0002769_16114869.jpg
e0002769_16121892.jpg

『のんちゃんジャーナル』というイラストレーターの仲世朝子さんが「のんちゃん」を主人公に映画、雑貨、旅などイラストとエッセイで紹介する可愛くて楽しい読み物です。
「VOLUME1」は買い損ねてしまって、ずっと見つけられないで今に至っています。再販されると嬉しいな~。(2の方は1988年6月~1989年12月連載をまとめています)
[PR]
by m-tsuki-056 | 2005-11-22 16:16 | 80年代 本・雑誌

ウィークエンズ

前にテディベアのブルゾンがお気に入りだったと書いたのですが、シュタイフのベアーが欲しかったり布で作ってみたり、テディベアが好きで興味津々だった頃が一時期ありました。多分巷でも一時ブームになっていて、展示やベアに関する本も沢山出ていた気がします。

テディベアを置いている所の一つに『ウィークエンズ(weekends)』という、ベアの他にも可愛い食器や雑貨が沢山揃っている大好きな雑貨屋さんがありました。
e0002769_18431433.jpg
e0002769_18434595.jpg

その雑貨の中で、プラスティック(かな?)を使ったブローチやヘアアクセサリーがあって、写真のがそのバレッタですが(1つは少し前にフリマで買ったのを紹介した物、ベアのは15年位前に購入)細部まで作りが細かくて当時とても気になるアクセサリーでした。
今でこそ食玩等で精巧な作りの物は多いけれど80年代はそういうの少なかった様な・・ウイークエンズだけで作られてたのかな?いくつも欲しかったけど値段がちょっとお高めだったな~・・。
e0002769_18463634.jpg

原宿店の店内です(ジュニアスタイルの切り抜きから)。他に渋谷のスペイン坂と伊勢丹相模原にもお店がありました。
[PR]
by m-tsuki-056 | 2005-11-19 18:49 | 80年代懐かし物

国際おやじ堂

『国際おやじ堂』という名前だったかな?
記憶がかなりあいまいなのですが、『文化屋雑貨店』系列の様なお店が、自由が丘駅から少し歩いた所にありました。
そこに行ってたのは80年代半ば、高校の友達が教えてくれて一緒に何度もかよって、凄く面白くて大のお気に入りのお店でした。
置いていた商品は文化屋と大体同じ物だったけど、日本の懐かしい物のデットストックが多く、ヘンテコな物(アトムのわたがしの袋だけ売ってたり笑)も沢山あったりしてかなりのツボでした。
2~3年は行ってた気がするけれど、生活が変わり次第に遠のいていき、その後お店はどうなったのか全く解らず・・。ネットで調べても解らず(名前間違えてるかな)まぼろし状態になってます。
e0002769_12444039.jpg

こんなイラストが看板に描かれていた様な・・。

e0002769_1246385.jpg

確かおやじ堂で買ったお面達。左のうさぎのが一番気に入っています^^。
[PR]
by m-tsuki-056 | 2005-11-14 12:48 | 80年代懐かし物

前の服の話の続きになりますが、80~90年代前半は、ピンクハウスを筆頭にフリフリ系、というか女の子らしさを前面に出したDCブランドが数多くあった気がします。
アツキオオニシやMILK、ジェーンマープルはもう少し後にデビューだったかな?
そんな可愛いフリフリ服は今はロリータファッションが受け継いでいるんだな~と思ってるんですけど、そういえばロリータ系っていつ頃からあったんだろう?(あいまいだ)

その女の子らしい服の中で『シュガー(SUGER又はNOUGAT)』と『ストリートオルガン(STREETORGAN)』という所が大好きなお店でした!そしてよく着てました。
何が良かったかといえば、茶系のイメージ、カントリーっぽい所が惹かれる要因だったらしく、
丁度その頃カントリー雑貨にハマり(雑誌オリーブでもカントリースタイルが載ってたりしてた)、テディーベア(は、カントリーではないかな)が好きだったり、そんな世界観を服を通して叶えてくれる、浸らせてくれる所なのでした。
この頃は多感というか熱い時期というか、「大草原の小さな家」を観て自分の前世だ!とか、一生この服装を貫くとか思ってました。(書いていて恥ずかしい)
そんな今は万年GパンとTシャツの生活です。(苦笑)

e0002769_18301588.jpg

ジュニアスタイルの雑誌は処分してしまったけれど切り抜きが残ってました。店内とモデルさんが着ているのはストリートオルガンです。

e0002769_1832528.jpg

シュガーのパンフレット。モノクロのは『ボウブランズ(BOW BRANDS)』ので、シュガーより大人っぽい服を展開してました。

e0002769_18374429.jpg

捨てられない袋達・・。一緒に「ラ・エスト」と「リッチガールビス」のもありました。

e0002769_1839241.jpg

そして着ることがなくなっても処分出来なかったシュガーのブルゾン。テディベアを散りばめたデザインがとても気に入ってました。

『シュガー』は現在「ストロベリーフィールズ」等で展開していて、大人系の落ち着いたデザインになりました。今のデザインも好きなので、たま~に購入してお世話になってます^^。
『ストリートオルガン』は、その後「田園詩」と合併したような話を聞いた様な・・田園詩も最近見なくなったけれど、どこかにお店があるのかな?と気になってます。
[PR]
by m-tsuki-056 | 2005-11-11 18:43 | 80年代懐かし物

ピンクハウスキューピー

金子功さんがデザインしていた『PINK HOUSE』。フリルの洪水と赤とピンクが溢れる世界はまるで夢の様でした。
ハタチ前後の頃はフリフリの服が大好きだったのでピンクハウスは憧れだったのですが、ちょっとお値段が高めだったのと、実際着たい服が少し違う路線だったので眺めて満足でした。
雑誌では80~90年代『アンアン』と『SO-EN(装苑)』が6~8ページ位?の新作を載せていたので、そのページを切り取ってピンクハウスファイルを作ったり。

そんな感じで夢中だったのは、デザインや世界観にもウットリだったけれど、毎回発表されるプリント柄がとても楽しみなのでした。
花柄が多かった気がするのですが、それが繊細でとても綺麗で、確か金子さんのインタビュー記事に最高18色使ってると書いてあって凄い!と思った覚えが。生地への凝りようは見るだけでもうなずけるものでした。
花柄の他にも果物や小物をモチーフにした面白いデザインもあり、そんなある日自分的にキョーレツにツボに入りまくった柄が!
e0002769_19415431.jpg

それが写真のキューピー柄でした!
もう釘付けで、今まで見るだけで満足だったのに、いてもたっても居られず翌日職場の休み時間を抜け出してすっ飛んでピンクハウスに直行しました。
写真の白シャツが欲しかったのですが、予約かキャンセル待ちだったかで人気色らしく、手に入らなかったのでベージュを選び、あとお腹にロゴとキューピー一体がプリントされてる赤のジャンパースカートを購入しました。後にも先にもこんな衝動的買い物をしたのはこの一軒だけだ・・。
なので数あるピンクハウスのの中で、一番インパクトが強いデザインになったのでした。・・とキューピー柄のことを書くだけで長々した文になってしまいました^^;。
e0002769_19463975.jpg

その後ジャンパースカートはフリマに出してしまったのですが、シャツは思い出の品として衣装ケースの奥に大事にしまっています。(と言いつつ出したらぐしゃぐしゃだった・・)
[PR]
by m-tsuki-056 | 2005-11-04 19:51 | 90年代懐かし物

キューピー

e0002769_152034100.jpg

ローズ・オニール等西洋の物も可愛いけれど、どちらかというと日本生まれのキューピーが好きです。特に10代の頃ハマっていて、グッズを見つけるたび目をギラギラさせてました。何がそんなに惹かれたやら・・。
写真のはキューピーキャラクターで有名な『日本興業銀行』のお客様へのオマケの品かな?貯金箱になってる人形もあります。
『ワリ子ちゃん』と『リッキー君』という名前がちゃんとあったのですね。
銀行を通るたび窓辺に並ぶキューピー達がカワイイな~と眺めてました。髪にちょこんと結んであるトリコロールのリボンがまたイイ^^。

そして、同有名な『キューピーマヨネーズ』。最近はタラコキューピーに心奪われております。
そのキューピーで『キュピコレ』という洋服を着た人形と小物をセットにしたのをプレゼントという企画があったのですが、
これが当りました!
e0002769_15232052.jpg

細部までよく出来ていて本当に可愛いです♪
本来なら部屋に飾ってたいのにスペースが無くしまったまま・・。そしてこれで運を使い果たしたか、後日クジに当らなくなりました(苦笑)。
[PR]
by m-tsuki-056 | 2005-11-02 15:25 | レトロ総合